【絵葉書作品公開】好きなものしか描きたくない!

こんにちは!とこたんです!

とこたんだよ☆よろしくね☆

ここでは背景美術歴16年目になるとこたんが、過去趣味で描いていた絵を公開するとともに当時携わっていた作品に注目しようと思います!

私は過去に絵葉書を2年ほど描き続けていた時期がありました。

当時アニメの背景美術会社で働いており、

  • 毎日0時過ぎ帰宅が当たり前
  • 朝は9時半起きで10時始業

このようなサイクルで日々生活をしていましたが、帰宅してからは絵葉書を描くという生活を送っていました。

なぜ趣味で絵を描き始めたかには理由がありました。

絵葉書を描き始めた理由
  • 会社内で色を使って絵をよく描かせてもらえるようになったから
  • 仕事で得た知識を使ってオリジナルで絵を描いてみたかったから
  • 早く絵を上手く描けるようになりたかったから
  • 絵葉書サイズなら手軽で時間がかからないから
  • 当時の仕事作品に影響を受けたから
  • 色鉛筆が手軽だったから
  • モバゲーに小説投稿コーナーができたからそこに投稿しようと思った

ではまずは当時携わっていた作品を紹介します。

スポンサーリンク

ソウルイーター

2007年後半~2008年当時、私は「ソウルイーター」という作品にがっつりと携わっておりました。

ソウルイーターは私が会社に入って3年目あたりの22歳~23歳までお手伝いしています。

覚えている範囲だと初期のOPでは黄色の壁の室内と青い柱のあるカットを私が担当しています!

ポスターカラーで実際手で描いて初めてOPで自分の描いた背景が使われた作品となっています。

そのくらい思い入れのある作品です。

また、美術監督の先輩は私の師匠の一人でもあります☆

見つかったらこんなブログで自己主張してないで仕事手伝えって思われちゃいそうですよ?笑
手伝う手伝う詐欺をそろそろ撤廃しないといけません!!#暇人か

先輩は過去、ブログ内でも触れている上司です。

私はこの方を心から尊敬しています・・・私は先輩にとても恵まれました・・・。

今のこの在宅ワーカーという立場を確立できたのも、先輩の存在があってこそだと思っています。(他人をほめるのがめちゃくちゃ上手い)

この作品の美術監督さんは子ども心をくすぐるわくわくする背景を描くのが社内でダントツで上手な方でした!!!

ソウルイーターの背景の特徴
  • 黒いアウトラインが特徴
  • リアルではなくコミカルなタッチ
  • 8割フル手描きのアナログ背景です
  • 秒数の長いものや見せ場カットは国内の外注スタッフさんと社内のスタッフが描いています
  • 他、中国スタッフさん達がとても頑張ってくれていました!ありがとう!

とまあ、前置きが長くなりましたが本題は次です。

モバゲー

当時私の初のSNSはGREEでしたが、途中モバゲーへ移行してモバゲーでSNSを楽しんでいました。笑

そちらで絵を投稿できるコーナーができたので絵葉書を投稿するようになったのです。

反応があることが嬉しく、それがモチベーションで毎日仕事が終わると家で絵葉書をコツコツと描き続けていました。

絵葉書作品

絵葉書はタイトルをつけて小説に投稿し続けていました。

少しばかりかファンになってくれた方もおり、それもモチベーションとなり当時描き続けていました。

そこで私の絵を気に入ってくれた7歳上の2人の子育て中の奥さまと仲良くなり、その方に絵葉書を描いてプレゼントしたり、5年以上文通を続けていたこともあります。(残念ながら今は途絶えております)

では、どんな絵を見て気に入ってくれたのか早速紹介します。

にゃんこ家

こちらが初めて絵葉書で描いたイラストです。

こちらがきっかけとなり、見てくれる方も増え、絵葉書を描き続けることがマイブームとなっていました。

こちらの絵は実は参考元があります。

ねんねこ家って知っていますか?

東京都、谷中にある猫のいる猫の雑貨があるカフェです。

私は猫が大好きすぎて猫を求めて猫が多いと言われている谷中へ何度か散歩へ行っていました!

そこで訪問したのがきっかけでそのお店の雰囲気に感動したため、ねんねこ家さんを元に趣味で絵葉書を描きました。

よーくみてください。

色鉛筆で塗っていますが、アウトラインがしっかり描かれています。

ソウルイーターでアウトラインがメインの背景をやっていたのでそこから影響を受けてこのようなイラストを描くようになりました。

色鉛筆の優しさと色味を活かすために、黒いアウトラインもフリーハンドでゆるゆる描いています。

秋の訪れ

こちらはがっつり、ソウルイーターの影響を受けている絵葉書です。

ソウルイーターを観たことがある方は言われてみれば・・・・?

と思っていただけるかもしれません。

建物の造りがソウルイーターの世界観に近いんです。笑

猫のいる風景

私は実家で飼っていた猫のたみが大好きでした。

そんな猫のたみをよく絵葉書に登場させていました!

途中からは猫好きアピールにより猫のいる風景を多く描くようになっています。

おわりに

いかがだったでしょうか?

趣味で絵を描き始めたきっかけを知った上でイラストを見ていただけるとわくわく感も少し増すのではないでしょうか!?

とこたん、もう趣味で絵を描けないんだ・・・メンタルが金貰わないと描けないメンタルになってしまったんだ・・・非常に残念です。笑

以上絵葉書作品の公開でした☆

絵葉書70枚くらいあるのでちょくちょくブログに投稿しようと思います。

読んでいただきありがとうございました!

コメント