【背景美術】アニメ背景からゲーム背景へ!どうやってお仕事を貰ったの?

こんにちは!2022年4月現在、背景美術歴トータル17年目になっている(しまった)とこたんです!

フリーランス歴は12年目となっており、現場を離れてだいぶ経っています。

同業者のみなさん?こちら元G〇〇〇Nのとこたんです!仲良くしてね♪笑

この記事の信頼性
  • 元アニメ背景会社5年在籍とこたん
  • 結婚を機にフリーランスに転身パターン
  • 元々アニメ背景しかやっていなかった

今回は、前回の記事で背景さんから直接リクエストをいただいたので、フリーランスの状態で、ゲーム背景のお仕事はどうやって貰ったのか、「とこたんのパターン」を記事でまとめてみようと思います!

この記事でわかること
  • ゲーム背景のお仕事の貰い方の一例
  • 継続してご依頼をいただけるようにする方法
  • 紹介経由で仕事をゲットする方法

私個人の体験談ですので、一つの参考として読んでいただければと思います。

誰かしらのお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

ゲーム背景のお仕事の貰い方

スマホアプリ専用ゲームの仕事しかしたことないです

私は元同じ会社の方経由でしかお仕事を貰ったことがありません。

私に声を掛けてくれた方々には感謝してもしきれません!!!

そのくらい今でもありがたく思っています。ご縁がこれほど大事だったとは…

みんなに海鮮丼ごちそうしたいです!笑(宮城在住とこたんより☆)

私は元々アニメ背景しかお仕事でやってきていませんでした。

ざっくり以下年表です。

年齢西暦背景歴仕事内容
20~232006~1~現場でスキャン係→原図整理・PC作業・たまにポスカラで本番BG描く
4年目で初めてPhotoshopでたまに本番BGを描く機会が…
2420105共同で美術監督
2520116元在籍会社の外注スタッフ100%:結婚で扶養に入る
2620127元在籍会社の外注スタッフ100%:扶養範囲だと暇すぎたので扶養抜ける
272013812月初めてゲーム会社のお仕事のご依頼をいただく
2820149 ゲーム会社2ヵ所からたまにご依頼をいただくようになる
29201510ゲーム会社2カ所から毎月ではないが頻繁にご依頼いいただくようになる
30201611 ゲーム会社3ヵ所からご依頼をいただくようになる
31201712ゲーム会社から毎月ご依頼をいただくようになりアニメ請けられなくなってくる
32201813ゲーム会社新規で1ヵ所声がかかる(計4ヵ所):一人でやってけるだろとも言われ離婚
33201914 ゲーム会社さんのおかげで独り暮らしが可能:独り故にアニメ請けられない
34202015ゲームはタイトルが終わると終わると悟り再び意識的に身を固め始める
35202116 同上:ちょっと時間的ゆとりもあったのでここでブログ開設☆
36202217 ついに再婚を決意し行動に起こす

基本はアニメ背景が本業でゲーム背景を副業的な考えで仕事を続けていました。

初めてゲーム背景のお仕事を貰った時

私が初めてゲーム会社さんとご縁ができたのは、元同じ職場の方がゲーム会社に転職したことがきっかけです。

それまでの関係性
  • 美術監督をやっていた方
  • 外注の私は美術ボード頼まれたり普通のBGも頼まれたりしてました
  • Skypeでやりとりができた

つまり、私の仕事面のことをよくわかっていらっしゃる方に声を掛けられたということです。

どんな感じで声かけられるの?
  • 背景1枚〇万だけど仕事やりませんか?
  • 内容的にはアニメと変わらない普通の背景です
  • 背景描く人が全然いないから探してる

内容的にはこんな感じだったと思います。

アニメ→ゲームで単価の違いにまずビビる!やるっきゃないっしょ!笑

てことで迷わずの即答です!

ポートフォリオはどうしたの?

知り合いから声を掛けてもらえたからと言って、そのまますんなり仕事ができるか?というと違うのかもしれません。

新規の取引先になる場合、

ポートフォリオを提出してください。

ということを必ず言われてきました。

しかし私、仕事以外で仕事のような背景イラストを描くことが一切なかったため、ポートフォリオなどありませんでした。

この辺はかなり曖昧なのですが、初めての時はアニメ仕事のでもいいからってことで見せたような気がします。

すみません、仕事以外で絵描かないのでポートフォリオないんですけど?!笑

こんな感じで何も無しでも大丈夫だったこともあります。笑

大丈夫パターンの場合の予測
  • 声を掛けてきてくれた人がその会社の背景部門で立場強い場合
  • この人描けるから大丈夫です。と伝えてくれて通るパターン
  • 新しくできたばかりの大きくはない会社

運が良かったのかな?ゲーム会社の現場で働いたことがないので内情はわかりません。

どうやったら声を掛けられるの?

私は、声を掛けても大丈夫そうな環境をアピールしてたら声を掛けられました。

声を掛けられた時の環境
  • 20代でずっと子なし主婦生活
  • 転勤族で周り知り合いいなくて常に暇人
  • 外注スタッフ期間、納期余裕で常にすぐ納品してた

暇すぎて夜中終わらせちゃいました笑

って言って発注された次の日に納品したことも。

暇そう&ある程度絵描けるコンボで声かけられやすくなるんじゃないですかね?!

人って断られそうだなと思ったら怖くてなかなか相手に声かけられないじゃないですか!

運の要素も結構ある

私の場合、かなり運が良かったんじゃないかなと思っています。

運の要素
  • 当初会社に20代外注スタッフ(フリーランス)が自分だけ
  • 入った会社が当時美術監督を量産してた
  • 会社が解散してしまった
  • 2010年代、ゲーム会社さん背景描ける人探してるとこ多そうだった

当初会社に20代外注スタッフ(フリーランス)が自分だけ

私は当時20代子なしで暇人だったので大変扱いやすかったのではないかと思っています。

そのため仕事内容は

  • 美術ボードのお手伝い
  • BGオンリーのお手伝い
  • めんどくさいフカン背景のお手伝い
  • 小物が多めシーンのお手伝い
  • たまに版権

これらが大半でした。

実際どのくらい描けるのかも会社の方々には把握されていたと思っています。

入った会社が当時美術監督を量産してた

私は結婚退職前に共同で美術監督をさせてもらえたことも声を掛けられやすくなった運要素の一つになっていると思います。

美術監督という肩書
  • 自分のことを知らない人からは肩書で判断されます
  • 人に誰かを紹介する時に肩書が安心要素として活きてきます

私は大変運が良く、入った会社が

全員を美術監督にしていくぞー!

の勢いのあった会社だったため、運よく結婚退職前に、共同でですが経験させてもらえることができました。

これはデジタル&海外発注会社のメリットなのかもしれません!

会社が解散してしまった

さらに、2010年代後半に会社が解散したため、多くの方々は転職。

そこでまた声を掛けられたため、ゲーム会社さんとの繋がりができたというわけです。

長い間外注スタッフをしており、どの程度描けるか把握されている&フリーランス状態なので声を掛けられやすかったというわけです!

それまでにも辞めていった方々(特に同年代以下)は多くがゲーム会社へ転職している印象です。

類は友を呼ぶとも言いますし、もしかしたら心身の健康極め隊が会社に多くいたのかもしれません(⁉)

絵で名前を世に残したいキャリア志向の人もいれば、絵に関わりながら生活がちゃんと成り立つことが目的の方もいる。

絵に対する熱量も全然違うと思います。

人それぞれどこに価値を置いているかで選択する業界も会社も変わってくるのかなと思っています。

私の目的は心身の健康を極めつつ常にごきげんな状態で背景を描き続けることです。

安定したクオリティを保ち続けることに意識を向けています

継続してご依頼をいただくようにする方法

私は最初から毎月ご依頼があったわけではありません。

最初の年表を見ていただければわかる通り、しばらくアニメ背景の外注スタッフがメインでした。

アニメのお仕事が好きでずっとアニメの仕事を本職にして、合間にゲームのお仕事があれば断らずご依頼を受けていた状態でした。

それではどうして継続してご依頼をいただけるようになったのでしょうか。

継続依頼になるパターン
  • 描ける背景さんが揃っていない
  • 取引先の仕事環境が整ってきた
  • 取引がスムーズ(これが一番大事)
  • ご依頼を断らない

描ける背景さんが揃っていない

特に立ち上げて数年の会社さんだと背景さんが足りてません。

背景を描く人はキャラクターを描く人より圧倒的に足りてないことが多い印象を受けました。

私は今まで3回

「誰かフリーランスの方で背景描ける人紹介してくれませんか?」

と聞かれたことがあります。

今までに5名に声を掛けたことがあります。1人は断られてその他は紹介に至っています。

こういったところの場合、ご依頼を断りまくらない限り継続依頼になることが多いです。

特に美術監督レベルの方は重宝されるイメージです。

私が今まで声を掛けた方全員顔見知り&美術監督経験者の方でした!

やはり描けることがわかっているので安心して紹介できるんです。

取引先の仕事環境が整ってきた

会社によりますが、年数があまり経っておらず新しい会社は仕事環境の状態で、ご依頼が来たり来なかったりすることがありました。

取引先の社内ルールや発注パターンなどがまだちゃんと決まってない場合、ご依頼タイミングが不安定なのかなぁと思いました。(感想です)

会社内部が整ってき始めてから毎月ご依頼が来るようになったところもあります。

取引がスムーズ(これが一番大事)

当たり前ですが、取引がスムーズに行くと次もよろしくお願いしますに繋がります。

  • 相手の要望にちゃんと応えた品質で納品
  • 調整依頼に対して素直で速い対応

私の場合は大体これで継続依頼になっています。

特に私が一番大事にしていることは

相手の仕事を早く終わらせる

です!

相手の仕事を早く終わらせることができれば、

  • 相手の方の自由時間が増える
  • 相手だって自由時間が増えれば心にゆとりもでき気分が良い
  • 相手の方がスムーズに次の仕事にも取り掛かれる

つまり、私の仕事の仕方次第で、相手の方の会社での評価も上がることに繋がるだろう。

と考えるわけです。

私がクオリティ高く早く終わらせることができれば=相手の方は会社での評価UP☆

なので、

相手の仕事を早く終わらせる

これを一番大事にしています。

そのため、私は仕事を極限まで入れることは一切してきていません。

高品質納品を保ち続けることが目的なのでそのために仕事を断ったりもしてきています。

高品質納品を保ち続けることを続けていたら次第に単価も高くなっていきました!

相手の仕事を早く終わらせるには?

  • 丁寧な仕事→相手のチェックに時間をかけさせない
  • 高品質を保つ→相手のチェックに時間をかけさせない
  • 素直ですぐに調整→相手のチェックに時間をかけさせない

私は常に相手の方がその会社で評価されるようにするにはどうすればいいかを考えて仕事に取り組んでいますし、納品しています。

その人と仕事したことで自分の評価も上がるなら一緒に仕事したいよね?私はそう思うよ。

相手の仕事を早く終わらせるには安心感が大事

また、取引する相手がどうやったら安心して仕事ができるか?を考えることも継続依頼に繋がるのではないかなと思っています。

不安感は人の仕事の生産性をがた落ちさせるから注意です!

  • この人いつもギリギリで品質も不安定だから不安だな…
  • 全然返事来ないけど大丈夫なのかな不安だな…
  • 調整依頼かけたのに全然直ってないやん…めんどくさいなぁこっちで直すかぁ
  • 文句ばかり言っていてこの人怖いなぁ…

このように感じたら、その人と仕事するの億劫ですよね。私はそう思います。笑

人は不安を感じると、動物的本能で不安に注意が向くようにできているので仕事に集中できる時間が減ってしまいます。

つまり、

相手に不安感を与えること=相手の仕事が早く終わらなくなる
         ↓
相手のストレスを増やしてしまう=この人と仕事するの億劫だなと思われる

に繋がってしまうのです!

不安感は人の仕事の生産性をがた落ちさせるから注意です!

だから取引先の相手の方には不安感を与えないような対応を心がけることが大事です。

それが結局は継続依頼に繋がっていきます。

安心感を感じられる人と仕事をするとお互いに仕事がはかどります。ウィンウィンです☆

不安感が人の生産性をがた落ちさせる件については、以下で生物の本能の視点を元に詳しく書いていますので、あわせてご覧ください。

ご依頼を断らない

これ、結構大事だと思います。

断り続けることをしていたら、ご依頼が来なくなったことがあるからです。笑
(アニメとかとゲーム会社さんも一時期)

その会社との関係性が浅い場合、何が何でも断らない!

長期で継続したい場合、経験上でもこれが大事になってきます。

私はゲーム背景は断るな!と元旦那にずっと言われてました(裏ボスの手引きで上手くいったのもあるので感謝してます。笑)

やはり何度も断られると次も断られるんじゃないかなと不安に感じて頼み辛くなりますもんね。

  • 次も断られそうだから不安…
  • 忙しいんだろうなきっと…依頼するのやめとこう…

大体人の心理はこんな感じです。

特に絵を仕事に選んでいる方には繊細な方が多いのでこの割合はかなり大きいと思っています。

そして断らず、長期で何年も続けていると信頼関係ができてきます。

すると・・・

信頼関係=安心感=この人と仕事するのが楽

このようになるのでゲームタイトル自体が終わることがない限り、ずっと継続してご依頼をいただくことが可能です。(私はそうでした)

また、たまに本当にできなくて断ることになった場合も突然次から仕事が来なくなる・・・なんてことにもなりません。

なので、ゲームの背景をメインで仕事にしていきたい方は、ゲーム会社さんとつながりができた際は何が何でもゲームは断らず受け続ける!

これをまずは目指すのがベストかな、と思います。

アニメの仕事へはいつでも戻れる!

経験者は重宝されるじゃないですか!

と、私は思い込んで仕事を続けています。

紹介経由で仕事をゲットする方法

自発的に営業をして仕事をゲットする方法の記事ではないため、紹介経由で仕事をゲットする方法に焦点を当てていきます。

あなたはどんな人を人に紹介したいですか?

これを考えることも、フリーランスで仕事を継続していく上でとても大事なことだと思います。

あなたはどんな人を人に紹介したいですか?

人に紹介したくなる人とは

この人を紹介してくれてありがとう!!と感謝されるような人です。

紹介した人の立場が良くなるかどうかを考えたら答えは簡単に出てきます。

なんであんな人を紹介したんだ…って思われたくないんです。逆に良い人を紹介したら自分の立場も良くなります!しかも私この人と知り合いなんだよ~♪って鼻高々にもなれるでしょ?(これが人間の心理です)

この人を紹介してくれてありがとう!って会社から思われるような人物でいることが結局は仕事を継続依頼していただけるようになる近道だと思います。

私が実際紹介したことがある人達

それでは実例で、私が今まで実際声を掛けた人達の特徴をあげていきます。

私が声を掛けた人達
  • 美術監督経験者
  • 顔見知り
  • その人の描く絵を実際見たことがある
  • 長期間背景を継続してきている
  • 感情が安定しているように見える
  • 穏やか

美術監督経験者

他の会社の方に人を紹介する場合、やはり相手はその方を知らないので肩書があると説得力がついてきます。笑

先方が名前ググってくれれば何者かがわかるって結構良きです。

しかも作品タイトルも出るので経験年数もわかります。

安心材料の一つです。

顔見知り

顔見知りだとやはりよく知っている人なので紹介しやすいですよね。

人間性もわかっているので安心して紹介できます。

その人の描く絵を実際見たことがある

やはりどの程度描けるかわからないと不安で紹介できませんよね。

私が今まで声を掛けた方は全員背景上手いなぁと思った方々です。

長期間背景を継続してきている

経験年数や継続力があるかどうかで、その人の仕事に向き合う姿勢もうかがえます。

長く物事を継続できる人じゃないと不安で人に紹介できません。これは相手が誠実かどうかが分かる指標です。

感情が安定しているように見える

感情のアップダウンは人を見る際、私はかなり重要視しています。

メンタルの安定性は絵の質にも表れやすいからです。

他人に紹介したのに途中で投げ出されたり、質の悪いものを納品されるなんてことがあったら、紹介したこっちの立場、悪くなりますよね?

なんでこんな人紹介してきたんや!って思われるリスクがあるよね。笑

穏やか

感情のアップダウンと似ていますが、こちらも大事です。

問題を起こされるような攻撃力高い人だと厄介がられますから。

いつも文句や批判ばかりの人は絶対に他人に紹介したくありません。

安心感ある人じゃないとやはり人には紹介できませんよね。

ちなみに私のリアルな知り合いは基本このような方々です。元同じ会社の方は大半がこういった方でした。(私がここまで安定したメンタルに成長したのは人間関係の環境がよかったおかげです。)

【まとめ】紹介経由で仕事をゲットする方法

紹介経由で仕事をゲットするにはその人が安心感のある人かどうかが一番大事になってきます。

声を掛けられやすいかどうかはそこに結構かかっています。

つまり

メンタルを鍛えろ!

ということです。

感情のアップダウンが激しすぎると(フリーランス、SNSでの発信でこれが一番要注意)

この人と仲がいいと思われたくないに繋がります!笑

だから私は心身の健康を極めることに時間を割いています。

※知名度のある方なら別です。なぜなら知名度がある場合、その人の絵だから!ってことで需要があり、会社の売上があがるからです。

私のように影響力のないただの作業人の立場として依頼される人の場合は、メンタルの安定度が一番大事になってくると思っています。

以下、実際私が行っているメンタルの鍛え方も記事にしていますのでよければご覧になってください。

さいごに

今回は私個人の体験談を記事にしています。

私は自力で営業をしてお仕事をゲットした方の記事、読みたいです!(まだ一度も営業をしたことがないからです)

背景さんみんな~ブログやろ~ブログ仲間にもなろうよ~笑

以上、なにかしら参考になれば幸いです!

コメント